MDマップで情報を一元管理

売れる商品を企画するためには、情報の一元管理が必要です。
企画全体を俯瞰して見る。
そして日々更新される情報を共有する。
そうすることで戦略に基づいたブレないデザインが実現し、売上アップへとつながります。

ブレないデザインで売上アップ

  • 個性

    俯瞰する

    企画から前売りまで

  • 自由

    共有

    全ての関係者と情報共有

  • 喜怒哀楽 うれしい

    明確化

    ブレないデザイン

コミュニケーション

CHECK!

MDマップを上手く使いこなして売上アップ

企画・営業・販売・PRなどプロジェクトに関わる全ての情報を一元管理してブレないデザインを構築

  • POINT01

    企画から前売りまで一連の流れを俯瞰する

    ビジネスにおいて情報を俯瞰して捉える視点はとても重要です。
    シーズンの企画キックオフから日々業務は進行し、情報は更新されていきます。
    進捗を把握し情報をアップデートすることは、判断を間違えないために不可欠なこと。
    シーズンコンセプトやデザインから店頭の売り消しまで一連のビジネスに関わる情報を一元管理できるMDマップ。
    業務の無駄を排除するためのこのパワフルなツールで、業務効率化と売上アップを目指します。


  • POINT02

    ビジネスの肝は情報共有

    MDマップを作ることがゴールではありません。
    MDマップの最も重要な役割は、「情報共有」です。
    デザイナーも、経営陣も、営業も。
    個々の視点から異なった解釈をするのではなく、あらゆる立場の人が最新の情報を同じ視点で把握できるようにするためにMDマップは存在します。
    デジタル化の時代。MDマップを作るアプリなども登場していますが、基本的な目的と活用方法を理解していなければ、最先端テクノロジーを活かし切ることはできません。
    マテリカは理論と基本をベースに、アパレル企業の売上アップを支援しています。


  • POINT03

    目的を明確にしたブレないデザイン

    デザインには必ず目的があります。
    目的がないお絵かき・塗り絵はデザインとは呼びません。
    そのアイテムの役割は何か?
    そのデザインの役割は何か?
    企画の進捗で様々な変更や議論を経ると、時としてわからなくなってしまうことも多々あります。
    マテリカが数多く直面したこのような課題の解決策は至ってシンプル。
    情報を正確にアップデートし、個々のアイテムやデザインの役割をブレずに全うすることです。
    それに一役買うのがMDマップ。
    マテリカはMDマップを活用することで、ブレないデザインを作る支援を行っています。


お気軽にご連絡ください

※不在の際は留守番電話にメッセージをお願いします。

 折り返しご連絡いたします。


AdobeStock_196511834

地域を問わずフレキシブルな支援体制が整っています。

Access


株式会社マテリカ

住所

〒105-0014

東京都港区芝2-9-3

万代芝ビル1階

Google MAPで確認する
電話番号

03-6435-0217

03-6435-0217

定休日 土曜日・日曜日・祝日
ファッションブランドの立ち上げ・強化のサポートや、アイテムのデザインを承っております。また、ブランディング戦略について学べるオンラインセミナーも実施しており、全国各地の方にご参加いただいています。

情報のマップ化による円滑なコミュニケーションを


株式会社マテリカのこだわり

アナログとデジタルの良いとこどりで業務効率化


マテリカが向き合った数多くの企業の課題は、コミュニケーションに起因していることがほとんどです。
日々多忙な業務をこなす中、社内と言えども円滑なコミュニケーションをとることは容易ではありません。
それならマップを最大限活用しましょう。
コミュニケーションを取りたい内容を、定位置に置いておけば良いのです。
MDマップに限らず情報をマップ化することで、最新の情報を共有しやすくなります。
しかしオンライン上に情報を置いても、あまり効果はありません。
なぜならオンライン上のデータは意図して見にいかなければ目に入ることがないからです。
ポイントは無意識にでも視界に入るところに情報を置いておくこと。
マテリカが数多くの企業ないの課題を解決してきた方法は、まさにこれです。
アナログの良さとデジタルの便利さを最適化することで、社内の業務効率化に向けた独自のしくみをご提案します。


ご契約までの流れ

Flow

 

※ご契約までのプロセスは無償です。

  • 問合せ
     

    お問合せ

    少しでもご興味のある内容を見つけたらお気軽にお問い合わせください。
    お問合せフォーム・メール・お電話などご都合の良い方法でご連絡ください。


    <ご留意ください>
    ・お問合せフォーム・メールの場合は、課題について具体的な内容を記載いただけるとご提案までのプロセスがスムーズに進みます。
    ・電話の場合は事務所不在の場合がありますので、留守番電話にメッセージを残してください。

  • ヒアリング
     

    ヒアリング

    対面またはオンラインで現状の課題について、ヒアリングを行います。大きく分けて以下の4点について細かく問診していきます。
    ①事業概要について 
    ②今すぐ解決したい課題について 
    ③社内業務の環境について 
    ④達成目標や目指したいゴール 


    <ご留意ください>
    ・基本1回2時間程度を目安にしていますが、必要に応じて2回目・3回目を設定させていただくケースがございます。
    ・必要に応じて秘密保持契約書に署名・捺印後ヒアリングを進めて参ります。

  • 課題発見
     

    課題分析・提案内容作成

    ヒアリングした内容に基づいて、課題を分析します。
    市場環境・社内環境をベースにどこに原因があるかを見つけ出すと同時に、企業の達成すべきゴールを見据えた短期・中期・長期的な解決策を合わせて検討し、提案内容としてまとめていきます。


    <ご留意ください>
    ・分析・提案内容作成には概ね2週間ほどの時間をいただいておりますが、内容に応じて期間が延びる可能性があります。

  • 提案
     

    分析報告・支援業務提案・見積り提示

    ①分析報告 
    当社で分析した内容についてご報告します。


    ②支援業務提案 
    ご報告内容から導いた具体的な支援内容をご提案します。


    ③見積り提示 
    支援業務への対価についてご提案します。

  • 契約
     

    ご契約

    支援業務内容と対価をご検討いただき、必要に応じた条件調整の上、業務委託契約書を作成、署名捺印をいただき、契約を完了します。


    その後契約内容に基づき支援業務がスタートします。

お問い合わせ

Contact

ウェブサイトはこちらから。

web_top

関連記事

Related